読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミンティア太郎のブログ

ミンティア中毒の女が書く雑記

【漫画】なんでこんな腐った人間関係が描けるのだろう

いくえみ綾の「太陽が見ている(かもしれないから)」6巻を読んだ感想。

 

岬と日帆の関係が気持ち悪すぎて気が狂いそうになる。自分の本音、核心をつく発言は「…て言ったらどうする?」という保険をかけないと言えない。心はドロドロぐちゃぐちゃなのに、その唇にはかすかな笑みを携える2人。読んでて具合悪くなってくる。

この2人は「同じ人を好きになった友達同士」じゃなくて「同じ人を好きだから友達(のようにふるまうよう)になった」のだと思う。もうやめちゃいなよ。心の底ではお互い、いなくなってほしいと思ってんだろ?「潔く柔く」7巻の百加のみたいに、言っちゃいなよ。

あんた 邪魔なのよ 消えて 大きらい

f:id:mintiatarou:20170330163535j:plain

 

岬、日帆、楡。この3人の関係は、いびつなんてもんじゃないよ。壊れてるよ。このままじゃ誰も幸せになれやしない。

 

はーもう苦しい。楽になりたいから、早く続きが読みたいです。最後には魂の救済があると信じて…。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

太陽が見ている(かもしれないから) 6 [ いくえみ 綾 ]
価格:452円(税込、送料無料) (2017/3/30時点)