読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミンティア太郎のブログ

ミンティア中毒の女が書く雑記

【妄想か現実か】膝枕と子守唄

雑記

その日、彼はひどく疲れた様子で、私に膝枕を要求してきた。彼の方から甘えてくるなんて珍しいな、などと思いながら、私は自分の膝の上に彼の頭を招いた。猫毛気味の柔らかい髪をそっと撫でる。彼は目を閉じ、私に体重を預けるのだった。

仕事、人間関係、ストレスフルな毎日を過ごす彼。せめて今この瞬間だけは何も考えず、緩やかに彼を包むまどろみに身を任せてほしい。

 

子守唄をうたおう。幼いころ母の膝の上で何度も聞いたあの唄を。

 

 

ね~んねん ころーりーよ おこーろーりよー

ゆうじは いい子だ ねんねしなー……

 

 

 

 

 

 

 

カッカッカッカッ

ズッダン ズンズンダン ズズダッ ズッズダン

 

ねぇーんねぇんぅう きょぅろぉーーぅりぃーよぉーう

Oh call rolling you!

UZ(ユーズィー) わぁぁーー

ぅいぅい~こーぅだーーーー

ねぇんーーーねぇえ すぃーーーなぁああああ!!!!!(ヘイカモン!)

 

ズッダン ズンズンダン ズズダッ ズッズダン

ズッダン ズンズンダン ズズダッ ズッズダン

ズッダン ズンズンダン ズズダッ ズッズダン

ズッダン ズンズンダン ズズダッ ズッズダン

(フェードアウト)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その日から、彼は私の部屋に来なくなった。

太もものムダ毛も、きちんと処理しておかないとダメだったかな。