読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミンティア太郎のブログ

ミンティア中毒の女が書く雑記

【ドラマ】「Xmasの奇蹟」窪田正孝ファンかつ変態な私がおススメする各話の見どころ

いきなりですが、私は俳優、窪田正孝さんのファンかつ変態です。窪田さんの何が好きって、筋肉とか手とか首筋とか喉仏とかパーツです。色気ありすぎてムラムラします。変態なので。でも演技も大好きですよ! ハマったきっかけは映画「13人の刺客」で、一番好きな窪田’s actは「下流の宴」の翔ちゃんです。

 

そんな私ですが、最近は2009年に昼ドラ枠で放送されていた「Xmasの奇蹟」というドラマを彼目当てでコツコツ視聴しており、先日やっと全編見終えました。昼ドラということで、過激なシーンやドロドロの略奪愛を予想しておりましたが、そうでもなかった。ファンタジー要素の強い純愛? ドラマでした。

窪田さんは、本作の主人公である手島直(高橋かおり)の婚約者で、交通事故により35歳の若さでこの世を去る男、堤浩志(岡田浩暉)の魂が乗り移った20歳の大学生、という大変難しい役どころを、20代前半という若さで見事に演じきっておられました。

 

…とかそういった普通の感想を書く気はありません。

窪田正孝好きかつ変態な私にとって、作品の見どころとなったシーンをご紹介いたします!変態目線で! 需要はないかもしれないけどな!!

 

第4話:会いたい

バイク事故以来、意識不明だった窪田正孝こと林田健が、35歳のおっさん堤浩志として覚醒するシーン。ベッドから起きあがる時に窪田さんの太ももがあらわに!!!!ここ、興奮シーンです! その後の、鏡で自分の顔を見て驚く演技はさすがの一言。でもやっぱり見どころは太ももですかね。変態的には。

 

第5話:覚醒

病室で目を覚ますシーンの続き。みんなに「健ちゃん、健ちゃん」と呼ばれ、混乱する窪田氏。目を見開いたまま「違う…健なんかじゃない…俺は…浩志だよ…!」と口にした直後、意識を失いベッドにぶっ倒れる。その瞬間の表情と言ったらまさに「昇天」。この逝き顔を拝むために、何度もリピート再生したよね。変態にはたまらん。

 

第18話:破綻の日

落ち込む直に、温かい飲み物を淹れてあげる窪田さん。「落ち着きます。」と一言添えて。そこからの演技が見どころ。あ、これは変態的視点じゃなく、普通に感動したところだったわ。

 

第19話:語れぬ愛

林田健の体で、ヒロイン直と初めて結ばれる回。窪田ファンの間でよく言われてる"頭ガシッ”からのキスはもちろんですが、変態的にはその後が見逃せない。直を押し倒してチュッチュしながら、自分の着ている服を脱ぐんだけど、そのスピードがメチャ速い!サッと脱ぐ!スマート!  衝動的に抱かれることになった女をお待たせしない系男子、窪田正孝。相手に冷静になる隙を与えません。

 

第22話:年下の男

この頃から、左の唇の下あたりに、プツッとニキビができてしまっている窪田氏。あ~収録ハードなんだろうな~。でも、折り返し地点過ぎたから頑張って! と老婆心が芽生えます。

…要約すると、そろそろ本編に飽きてきた頃です。

 

第41話:君がくれた奇蹟

いきなり飛びますが最終話。ここで初めて純粋な普通の大学生、林田健を演じる窪田正孝が見れる。ちゃんと演じ分けられてて凄い。堤浩志としてもがく林田健、林田健のフリをする堤浩志、そしてただの林田健、全部違う。流石!と盲目の私はベタ褒めですわ。ごめん!変態目線は関係なし!

 

 まとめ

窪田ファンなら、見ておいて損のないドラマでした。窪田さんは1人で3役こなしてると言っても過言ではなく、奥行きのある幅広い演技を見せてくれています。そして、見どころのパーツとしましては、手です。ピアニストという設定だから、あのおっきくてセクシーな手が頻繁にクローズアップされるんです! えっろいねん!手が! 1周回って腹立つわ!好き!(もういい)

ただし、肝心の物語としては…。個人的にはあまり好きではなかった、というのが正直なところかな。以下ネタバレね。

 

↓↓↓

 

まずさ、堤浩志という男が嫌なヤツにしか思えなかったのよ。だってさ、自分の親友が直に片思いしてるの知ってる上で、自分と直が結婚するにあたって「婚姻届の証人になってくれ」って、普通言える? どんな神経してんだよ。この時点で私の中で堤浩志=クソ野郎なんですが。もう親友くんが不憫で不憫で…。だからといって事故にあった時、親友に見捨てられても仕方ないとまでは思わなかったけど、別にシンパシーも感じなかったよね。

その嫌な男、堤浩志の魂が乗り移った林田健。見た目はガキなのに中身は35才のおっさんなもんだから、言動がすべて生意気で偉そうですっげームカつくの。これは、大人の男を演じきっている窪田氏の実力からくるもの、とも言えるけどね。

そんなわけで、まず重要なキャラクターを好きになれなかった、というのが1つ大きかったです。

 

物語全体としても、くっついたーはなれたー裏切ったーすれ違ったー勘違いだったー、みたいな話がダラダラと続くだけで、なんか登場人物全員に「なーにやってんだか」と言いたくなる感じ。まぁこれは1話30分、週5で放送という、長編昼ドラの宿命でもあるんでしょうけどね。

唯一まともに見えた、火野正平演じるレコード会社の社長も、途中から都合のいいキャラになり下がってしまい残念。それに巻き込まれる形で、ピアノバーのママも、唐突な裏切りキャラに…。20年以上想いを秘めていた大人がいきなりあんなことするだろうか。社長とママを表舞台から退散させるための、無理やりすぎる展開に萎えてしまいました…。

 

ま、散々なこと書きましたけど、本ドラマの公式サイトは未だ生きていて、若かりし窪田氏のスナップやインタビューを見ることができますので、ぜひ覗いてみてください。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Xmasの奇蹟 DVD-BOX [ 高橋かおり ]
価格:24192円(税込、送料無料) (2017/3/9時点)