読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミンティア太郎のブログ

ミンティア中毒の女が書く雑記

出遅れ感はあるけど、「あなたのことはそれほど」の実写キャスト予想と作品について思うこと

1月スタートの新ドラマが続々と始まっていますが、もっぱら私の楽しみは、これ。

natalie.mu

まだ放送時期も分からない状態ですが、早く見たくて仕方がない。

続報が待ちきれません。

 

ネット上では、キャスト予想&願望が色々と挙がっていましたが

私も脳内で実写キャスト考えたので書きたいと思います。

 

あっと、その前にあらすじなどが知りたい方は、こちらをどうぞ。 

arasuzitaizen.com

 

読んでみたいって方はこちら!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あなたのことはそれほど(1) [ いくえみ綾 ]
価格:1007円(税込、送料無料) (2017/1/18時点)

 

電子書籍だと安いです。

 

 

ドラマ「あなたのことはそれほど」のキャスト予想(というか希望)

 渡辺 美都(主人公)

f:id:mintiatarou:20170117163424j:plain

吉高 由利子さん。体当たりの演技が見れそうだから。顔もなんか似てる気がする。

沢尻 エリカさんで、思いっ切り嫌な女として描かれるのも、ちょっと見たい。

 

有島 光軌(美都の不倫相手)

f:id:mintiatarou:20170117163427j:plain

岡田 将生さん。失礼ながら、イケメンだけど残念な男の人の役が多い気がするから。そーいや「潔く柔く」の実写映画で禄の役やってたな。見てないけど。

 

渡辺 涼太(美都の夫)

f:id:mintiatarou:20170117163426j:plain

濱田 岳さん。素朴な雰囲気がぴったりかなと。美都の浮気を知ってからの不安定な感じを、濱田さんの演技で見てみたい。原作では美都より年上っぽいので、そこだけ引っかかるけど。

高橋 一生さんも思い浮かんだけどちょっとシュッとしすぎかな。

 

有島 麗華(光軌の妻)

f:id:mintiatarou:20170117163423j:plain

門脇 麦さん。顔とか全然違うんだけど、なんかこの人が浮かぶんだよなー。高校時代の回想シーンも、違和感なさそうだし。

 

飯田 香子(美都の友達)

f:id:mintiatarou:20170117163425j:plain

菜々緒さん。気の強い女が似合うからね。香子はこの人以外思い浮かばない。彼女は今のところ、この漫画の唯一の良心ですよね。

 

 はぁ~楽しかった~(自己満)。

ここから下は「あなたのことはそれほど」への個人的な感想やら思いやらです。ネタバレあるから、嫌な人は読み飛ばしてね。

 

 

この作品を紹介してるサイトなどで、よく「ドロドロの不倫劇」とか「ドロドロの四角関係」とかいうフレーズを目にするんですが…。なんか違うっていつも思う。

 

いや、W不倫なんて実際はドロドロだろうけどさ。でもさ、これ読んでて「ドロドロしてる」って感じる? 私は感じない。「ザラザラ」とか「ギスギス」とか、そういう表現の方がしっくるくる。なんだろ。湿度を感じないというか。

 

光軌への執着心がハンパない美都でさえも、ねちっこさは感じなくて。むしろサバサバして見える。振りきっちゃってるから。もちろん悪い意味でw

 

涼太については「こわい」ってハッキリ書かれてるし(光軌のセリフ)、そういう演出もされてて、粘着質にも見えるけど、それは主人公目線で読ませられているからであって、立ち位置を変えて考えてみると、こわいというより凄いって思うよね。泣けてくるくらい。

浮気した妻のことをとにかく深い愛情で受け入れようとしてる、健気に。その背景には、自らの生い立ちが関わっているんだけど。それでも、好きな人を愛し続けるという選択をした涼太のことは嫌いになれない。

後ろめたいことしてる人間からすれば、許せない! 復讐してやる!って直球投げてこないから、逆にこわいって思うんだろうけどね。でもさ、怒りにまかせてぶつかり合ってギャーってなる方が、美都はよっぽどラクかもしれないね。図らずも愛することによってどんどん美都の心を遠ざけている印象。すごく切ない。

 

誰よりドライなのは光軌かな。本人は無自覚っぽいけど。

苦労なく育って、物事を深く考えることがないまま大人になった男。動物園のくだりや、久々のデート中に不倫を懺悔しそうになるエピソードなんか分かりやすい。その場の感情に流されやすく、相手を思いやったようなことも言うけど、その行動ってどうなのよ。っていう。結局、相手のことを何も考えられていない。自分の興味や好奇心や衝動だけで動いてますよね。

 

その光軌の自分勝手な優しさの犠牲になってるのが麗華で、何気ない、悪く言うと薄っぺらい光軌の一言に救われたり、惹かれたりもしてたんだけど、不倫が発覚して、自尊心みたいなものも傷つけられて、コンプレックスや、劣等感みたいな負の感情にとらわれ始めてる。でも子供もいるし、元来の性格もあってか、悲しみや怒りをあらわにして取り乱したりはしない。独り冷たく乾いた闇に堕ちてく感じで、見ていて1番苦しいかな。

 

長々と書いたけど、とにかくこのW不倫劇がこの先どう展開していくのか、目が離せない作品。

そして、実写化にあたって、原作独特のザラついた質感がどう表現されるのか、期待と不安が入り混じってます。

続報が出たら、また何か書くかも。